よくある質問

DVD製品について

ファイナライズとは何ですか。

DVDレコーダーやパソコンのソフトウェアによって、CD/DVDの記録形式が異なります。 このため、異なる製品間ではディスクを読み込めないことがあります。 ファイナライズは、異なる製品間での再生互換性を高める処理です。 ファイナライズ処理をすることで、DVDレコーダーで作成したDVDを、パソコンで再生したり、その逆を実現できます。

VIDEO方式とは何ですか。

ビデオ方式(DVD-Video)とは、一般の市販されるDVD映画等に使用されている規格です。 書き込んだ内容は編集できません。 また、CPRMにも対応していないため、デジタル放送も録画できません。 ただし、ファイナライズすれば、多くのDVDプレーヤーやDVDレコーダー、パソコンで再生できます。

VR方式とは何ですか。

VR(VideoRecording)方式とは、DVDに映像を記録するための規格です。 通常自由に書き換えや編集を行え、番組単位での追記やプレイリストの機能にも対応しています。 CPRMに対応したディスクを使用することで、デジタル放送も録画できますのでご注意下さい。 VR方式で作成されたディスクは、DVDプレーヤーで互換性の問題で再生できないことがあります。

AVREC方式とは何ですか。

AVCRECとは、Blu-ray Discの技術を応用して、DVDにハイビジョン映像を記録するための規格です。 ハイビジョン映像のデジタル放送を録画するには、CPRMに対応したディスクを使用して下さい。 AVCRECを利用するには、お使いのレコーダー機器がAVCRECに対応しているか確認して下さい。

CPRM方式とは何ですか。

CPRMとは、「Content Protection for Recordable Media」の略で、主にデジタル放送をDVDに録画、再生するときの著作権保護技術のひとつです。 例えば、デジタル放送を録画するためには、CPRM対応の録画装置(ソフト)とCPRM対応のDVDを組み合わせて使う必要があります。 また、CPRM対応のDVDに書き込まれた映像を再生するときにも、CPRM対応の再生装置(ソフト)を使う必要があります。 放送番組によってダビングが10回出来る番組と1回しか出来ない番組が現在あります。

CPRM対応デイスクをCPRM対応していない機器で記録や再生ができますか。

下記の2つのケースがあります。 (1)デジタル放送を記録したDVDディスクを再生する。 ⇒再生できません。 (2)CPRMに対応していない映像(アナログ放送等)をCPRM対応のDVDディスクに書き込む。 ⇒書き込めます。また、書き込んだ後の読み込みも可能です。

DVD-R又はDVD-RW (容量:4.7GB)に何分録画できますか。

録画用ディスクでは標準モードで約2時間の録画ができます。画質を落として録画した場合はさらに長時間の録画も行なえます。 最大録画時間はDVDレコーダーによって異なりますので、詳しくはお持ちのレコーダーの取扱い説明書をご覧いただくか、メーカーへ直接お問合せください。

DVD-R4.7GBのデイスクをパソコン上では容量が4.38GBと表示される。

2進法と10進法の演算方式が違う為です。パソコンは2進法で演算されます。 4,700,000,000バイトという容量をGB(ギガバイト)で表現する場合、10進法では1000で3回割算をして4.7となりますが、2進法では1024で3回割算をして4.38となるため、 “4.7GB”表示のDVDディスクは、パソコン上では”4.38GB”と表示されます。 4,700,000,000バイトであることには何ら変わりません。

DVDレコーダーで録画したデイスクがDVDプレーヤーで再生できません。

録画に使用したしたディスクの種類(R/RW/RAM、+/-)や録画モードが、ご使用のDVDプレーヤーに対応しているかどうかを確認して下さい。 また、録画したデイスクはファイナライズ処理しましたでしょうか、ファイナライズ処理が行われていないディスクは再生することができません。 このような場合は、ファイナライズ処理を行なうと再生することができます。

DVD-Rに追記録画をしたら、録画してあった前の録画タイトルが消えてしまった。

通常レコーダー機器は、録画を1回終了するたびに、ディスクの内周部に「管理情報」を書き込みます。 「管理情報」とは1枚のディスクの中の”目次”のようなものです。「管理情報」は録画を停止した時点や録画後にディスクを取り出す時点に記録されますが、 これが行われる前に、何らかの理由で記録が正常に終了されないと、”目次”が更新されないため、録画した番組が認識されない場合があります。

ブルーレイ製品について

ブルーレイデイスクにもDVDのように色々な種類があるのでしょうか。

DVDには-R、-RW、RAM、+R、+RWといった規格の種類がり、CPRM対応/非対応などといった商品も存在するため、ドライブ機器との互換性に複雑な関係がありましたが、 ブルーレイディスクは「1回録画用のBD-R」と「くり返し録画用のBD-RE」の2種類しかありません。 しかし、CDやDVD同様、録画用とデータ用はくべつされていますので、ご自分の用途によって製品を選んでください。

ブルーレイデイスクにもDVDのようにコピー制御などがありますか。

ブルーレイディスクは、CPRMではなくAACSという、DVDとは違うコピー制御技術に対応しています。 データ用ディスクもAACSに対応しているので録画することも可能ですが、パソコン等で放送を録画する場合は私的録画補償金の含まれた録画用ディスクのご使用をお勧めします。

ブルーレイデイスクもDVDのようにファイナライズが必要ですか。

ブルーレイディスクではDVD-Rデイスクでは必要であった、ファイナライズは不要となり、録画されたディスクはそのまま他のブルーレイディスクプレイヤーで再生が可能です。 また、追記や書換えを行う場合にも、基本的に特別な操作は必要ありません。

市販のブルーレイソフト映像デイスクのコピーはできますか。

ブルーレイディスクソフトはDVDソフト同様にコピープロテクトがかけられているため、コピーすることはできません。 そのソフトのプロテクトを違法ソフト等で故意に解除してコピーをすると著作権法違反となり、違反者には罰則が定められていますのでご注意ください。

ブルーレイデイスクの使用期限、寿命はどのくらいですか。

光ディスク製品全般に言えることですが、どのようなデイスクでも時間の経過とともに製品劣化はします。 光メディアに関しては、一般的にメディアの寿命は「10年以上」と言われています。 ただし、メディアの寿命に関しては、使用環境や保存条件(温湿度など)に大きく左右されます。 直射日光や温度・湿度差が激しいところに保存されたデイスクは直ぐに劣化してしまい、使用不可になりますので、ご注意ください。

当社へのお問い合わせ

製品に関するご相談などお気軽に
お問い合わせください


049-254-9017

受付時間 平日10:00~12:00 13:00~17:00